キャンプで寝る時の服装 春はなにを着る?春キャンプの寒さ対策

春になって暖かくなってきたのでキャンプに行きたい、と思っている方もいらっしゃるでしょう。家族や友達とキャンプに行くのはとても楽しいですよね。

でも、春はまだ肌寒いと感じる日もありますよね。夏のキャンプとは違って、夜は冷え込むことも多いです。

せっかくのキャンプで風邪を引いてしまったり寒い思いをしたり、というのは絶対に避けたいですよね。

そこで今回は、春のキャンプで寝るときはどんな服装が良いのか、春キャンプの寒さ対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

春キャンプ!寝る時はどんな服装?

まずは、春キャンプで寝るときの服装についてです。春の夜は、山は特に大変冷え込みます。

私も以前春に親戚とキャンプに行ったことがあるのですが、寝るときはとても寒かった思い出があります。

絶対に寒いと思って厚着をしていたのですが、それでも深夜は寒くて大変でした。たくさん着込むと寝づらいので出来るだけ重ね着はしたくないですよね。
寝るときの寒さを防ぐ服装はどんな物がよいのでしょうか。

寝る時の服装おすすめ

おすすめなのは、ウルトラライトダウンです。これはかさばらないですしとにかく軽いですよね。もちろん機能性は抜群です。

>ウルトラライトダウンを見てみる

春キャンプは寒いですが荷物が多いのでたくさんの服を持って行くのは大変です。

ウルトラライトダウンがあれば、あとは服の中にヒートテックのスパッツやシャツを着て寝るだけで充分寒さを防げるでしょう。

>あったかインナーを見てみる

ウルトラライトダウンに限りませんが、このような保温性と通気性に優れているフリースやダウンなどを着て寝ることをおすすめします。

寝袋は必需品

また、夏のキャンプでは寝袋がなくても毛布があれば寒さ対策としては充分ですが、春キャンプには寝袋を必ず持って行きましょう。

下からの冷気を甘く見てはいけません。

私が寒くて辛かったのは、服装だけを気にして下からの冷気を考えていなかったことも大きな原因だったのだと思います。

寝袋の選び方としては、断熱性だけでなく、クッション性もあるものを選びましょう。

寒がりで寝袋があっても不安という方はブランケットや毛布なども持って行った方がよいです。

ブランケットは少しかさばりますが、1まいあると大変便利です。

寝るときだけではなく、寒いと思った時に膝にかけたり下に敷くことが出来るので重宝しますよ。

スポンサーリンク

春キャンプの寒さ対策!

次に、服装以外で春キャンプでの寒さ対策にはどのようなものがあるか見ていきましょう。

春キャンプではテントの下からの冷気を防ぐことが大切です。

意外と下からの冷気があるので、見落としがちですがこれをしないと寒くて大変です。

おすすめは、一番下にオールウェザーのブランケットをしいて、その上に厚みのある断熱アルミシートを敷きます。

そしてその上にはテントのインナーマットをしくとよいでしょう。

ここまですれば下からの冷気は防げると思います。

さらに、夜は特に冷え込むので対策を万全にするためには焚き火台やガスストーブを持って行くとよいでしょう。

春キャンプでは、夏と違って寒いので焚き火で暖をとるというのが、とても気持ちいいのです。

しかし注意点があって、焚き火に関しては火事が起こってはだめなので夜就寝するときにはきちんと消してくださいね。

寒いからと火を付けたままにすると、火の粉が風に煽られることで、テントに飛び火してしまうこともあり、危険です。

火事が怖いという方には、カセットガスを利用したガスストーブがおすすめです。

ガスストーブがあれば、焚き火台がなくても暖をとることができますよ。

カセットガスボンベ1本で、3時間ほど使用できるので参考までに。

まとめ

今回は、春のキャンプで寝るときはどんな服装が良いのか、春キャンプの寒さ対策についてご紹介しました。

春にキャンプをするのは素敵なことですが、これらを参考にして寒さ対策をしっかりして出かけてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。