舞洲バーベキューパーク持ち込み自由で楽しめる♪口コミ情報

大阪府大阪市此花区北港緑地 舞洲バーベキューパークで、バーベキューをしてきた口コミ情報をご紹介します。

舞洲スポーツアイランド内にある人気のバーベキュースポットです。

スポンサーリンク

舞洲バーベキューパーク 口コミ情報

大阪という都会の中でデイキャンプが楽しめ、市内から20分ほどでアクセスできる便利なバーベキュー場です。

舞洲スポーツアイランドという大きな施設の中の1エリアに舞洲バーベキューパークがあるため、バーベキューだけでなく散策やアスレチックも楽しめるので1日遊ぶことができます。

そのため、お子様連れでバーベキュー後、お子様が飽きてしまわれた際には散策やアスレチックを楽しまれてもいいです。

デイキャンプが楽しめるので、土日は混雑しているため予約がオススメです。

バーベキューのスペースが広々使える!

車は、区画サイト内に横付けできるため、準備や後片付けが楽ちんです。区画サイトも杭と枕木で仕切られた10m×10mの芝土と、広さも十分に用意されているため、駐車スペースに2ルームテントなどの大型テントとタープを同時に設置することも可能です。そのため、広々とした空間で有意義に過ごせます。

舞洲バーベキュ 持ち込み自由で楽しめる

バーベキュー道具などはレンタルもできますが、すべて好みのものが持ち込みできるため、テントなどの設備および食材選びなどオリジナリティあふれるバーべーキューを楽しむことができます。

私の場合は、8月に職場の同僚と4人でバーベキューを行いました。食材は各自食べたいものを事前に準備し、さらに待ち合わせ時に足りないものを確認し、追加購入にスーパーなどをめぐりバーベキューに臨みました。

自分たちが事前に必要なモノを準備し、バーベキューに向かったためあまり気にしていなかったのもありますが、バーベキュー場近辺に行くまでにスーパーなど食材を本格的に調達できるような商業施設は見あたらなかったため、現地調達よりも事前準備をオススメします。

スポンサーリンク

舞洲バーベキューパーク 予約は必要?レンタルはある?

事前に電話で予約が必要です。

道具のレンタルもあり、グリル1,500円/個,4人掛けテーブル800円/台,イス300円/脚,木炭1,000円/3kg1,900円/6kg,焼き網(450x300mm)400円/枚,焼きそばプレート(450x300x30mm)400円/枚,炭バサミ300円/本,トング300円/本,紙皿(5枚入り)100円/セット,紙コップ(5個入り)100円/セット,割箸(10本)100円/セット,ウェットティッシュ200円/個,着火剤(27g)100円/個,軍手(2双)100円/ペア です。

さらに細かいカトラリーなどレンタルや購入も可能ですが、紙コップなどの消耗品は現地で購入すると割り高なので100円均一などで調達されたほうがよろしいと思います。

駐車場のスペース・料金は?

有料駐車場があります。
100台(普通車の場合 0.5~2時間→400円,2~4時間→700円,4~6時間→900円,6時間以上当日内1000円,30分まで→無料)

舞洲バーベキューパーク 雨でもできる?日よけは?

雨が降っていても、自身でテントやルーフを設置すれば可能です。

本格的なデイキャンプからピクニック程度まで、区画サイト内は自由に使用できるので、キャンプ用品をわざわざこの日だけのために購入するのはもったいないという方は、真夏はオススメしませんが、天候がよく涼しい場合は屋根になるようなルーフやテントはなくても大丈夫かと思います。

ですが、熱中症にならないようにしっかり水分などはこまめにとることをオススメします。舞洲スポーツアイランド内は室内で涼める場所や散策エリアなどありますので、そちらで休憩されてもいいかもしれないです。

ゴミは現地に捨てられる?

バーベキューを楽しんだあとは、ゴミ捨て場も完備されており、初めに受付した際にもらう施設指定のゴミ袋に入れて捨てるだけなのでゴミ袋の事前準備も必要なく、手軽に楽しむことができます。

ゴミは分別をし、ゴミ袋に入れ、口をしっかり結んで、ゴミ捨て場へ。 (大型ゴミ、発泡スチロール等については必ず持ち帰り)

子供の遊具・休憩所はある?

舞洲スポーツアイランド内にあるバーベキューパークなので、遊具のエリアに行けば遊べます。

休憩所は、バーベキュー場内は難しいですが、散策スポットや憩いの場などもあるのでそちらに行けば休憩できます。


舞洲バーベキューパーク

大阪府大阪市此花区北港緑地2-1-128

>舞洲バーベキューパーク

まとめ

大阪市内から20分という身近な場所で、オリジナルな楽しみ方ができるので、おすすめのバーベキュー場です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。