夏の面接 ジャケットは女性の場合着るのが常識?スーツの暑さ対策!

就職活動では夏に面接へ行くことが多いでしょう。大学生の方は、スーツを着ることがいままでほとんどなかったという方も多いと思います。

夏は暑いのでできるだけ薄着で行きたいですよね。しかし、汗を掻いて面接に臨むというのは避けたいところです。

そこで今回は、夏の面接でスーツのジャケットは着るべきなのか、またスーツの暑さ対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

夏の面接!暑いけどスーツのジャケットは女性もちゃんと着ているべき?


夏の面接では、ジャケットを着て汗を掻きながら会場に向かっている就活生をよく見かけますよね。

クールビズが取り入れられている現代、面接ではどうしたら良いのだろうと悩んでしまう就活生も多いかと思います。暑い中でも、ジャケットは女性も着るべきなのでしょうか?

面接でジャケットは着るのが常識!

まず、面接というのは、季節に応じて考え方が変わるものではないです。

きちんとした場において、クールビズを採用して暑いから楽な格好で良いというのは、相手や会社に対して大変無礼なことです。

すでに勤めているならば多少は許されますが、面接では失礼に当たるのでやめましょう。

ですからジャケットを着るべきかという質問への回答はもちろんイエスです。

外で面接をするというのであれば、ジャケットを着ないで行くというのもまだ理解できますが、一般的な面接は社内で行いますよね。

社内であればクーラーが効いている環境であることがほとんどでしょう。

外が暑いからといってジャケットを着ないで会社に入るのは印象が悪いですし非常識だと思われてしまいます。

面接会場に着くまでは脱いでいてもOK

会社まではジャケットを着ないで、会社に入る直前でジャケットを着れば暑くないでしょう。

面接時にはジャケットを着ることをおすすめしますが、面接会場までの移動中は無理せずジャケットを脱いでいいのです。

ジャケットにシワが付けないように気をつけて手に持って会社の近くまで行って、近づいたら必ず着てから入ってください。

ジャケットは企業の受付かその前等で着用すれば問題ありません。

そのほうが汗を掻いてシミが出来ると言うことも防げますし、清潔感のある印象を与えることが出来ます。

無理をして移動中の早い段階でジャケットを着ていると、暑くなってしまって熱中症になってしまうこともあります。

水分補給をしながら、ジャケットは持って移動する、ということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

スーツの暑さ対策!こうして面接にのぞめ

次に、つらい夏を乗り切るスーツの暑さ対策についてみていきましょう。

冷却材を利用する

最近は冷却材も体に貼り付けるものやで体に巻き付けられるものなど、様々なタイプが販売されています。

肌着に直接かけられるスプレーも人気ですよね。

事前に冷蔵庫で冷やさなくても、水で濡らすだけで冷たくなるという機能性の高いものもあるので、とても便利になってきています。

暑いときには、このような冷却材を利用して、体を冷やすことをおすすめします。ポイントとしては首や脇の下など、太い血管が通っている場所を冷やすことを意識しましょう。

より早く体を冷やすことができるでしょう。

麻のジャケットを着る

夏の就職活動は暑いので、ジャケットが厚いと辛い思いをしてしまいます。熱がこもってしまいますよね。

そこでおすすめしたいのが麻のジャケットです。

麻のジャケットはスーツが売っているお店ではほとんどで取り扱っていると思いますので、一度手に取ってみてください。

汗を吸収する肌着を着る

スーツやシャツに注意しているとわすれられがちですが、シャツの下に着る肌着も大切です。暑いためなるべく薄着にしたほうが涼しいだろうと思って、肌着を着ないという人もいるようです。

しかし、肌着を着ないというのは逆効果なのです。

夏は湿度も高いため、汗をかいたときに汗が蒸発しないで肌に残り、熱が発散できない状態になります。

ですからしっかりと吸収性の高い肌着を着て、肌着に汗を吸い取らせた方が、暑さ対策になるのです。

まとめ

今回は、夏の面接でスーツのジャケットは着るべきなのか、またスーツの暑さ対策についてご紹介しました。

夏の面接は暑いので熱中症にも気をつけて向かわなければいけません。

就活中の方は、ジャケットについて、またスーツの暑さ対策についてこれらを参考にして面接に臨んでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。