新入社員のスーツの値段の相場は?スーツは何着用意すればいい?

社会人になると学生の頃と違って、仕事でスーツを着る機会が増えることでしょう。

スーツの値段もピンからキリまでありますよね。買い揃えるとなると、値段の相場や、何着持っていればいいのか、いろいろ気になりませんか?

今回は新入社員のスーツにまつわる、これらの疑問について詳しく解説していきます。社会人として身だしなみを整えて、フレッシュな新生活をスタートさせてくださいね。

スポンサーリンク

いざ社会人1年生!値段はいくらくらいのどんなスーツがいいの?


スーツの値段は安いと1万円以下から、高いものは数十万のものまでと幅があります。

社会人になりたての時は、まだ金銭的に余裕がありません。2万円〜3万円代の値段のスーツで十分でしょう。

どんなスーツがいいの?

リクルートスーツは社会人でも着用できるのか、疑問に思う方もいるでしょう。入社式、新人研修など社外の人と接しない場合は、リクルートスーツを着てもOKです。

ですが、実際のビジネスの場ではそぐわないので、気をつけて下さい。

リクルートスーツは最近では色が黒になっており、ビジネスでは黒のスーツはNGとなっています。

男性の場合、黒のスーツは避けるよう注意しましょう。

女性の場合はビジネスの場で、黒のスーツを着用する場合もありますが、黒のリクルートスーツを着ることは、避けたほうが無難でしょう。

新人研修などで、先輩のスーツをチェックしてみるのも参考になりますよ。

入社時期の4月でしたら、春夏用のスーツがいいでしょう。色は、ネイビー、グレーがオススメです。

新入社員らしい、派手でなく落ち着いた色合いや素材のものを選ぶといいですね。

購入前には試着しましょう。顔映りが良いか、変にシワが入ってないか、体型に合っているかきちんとチェックしましょう。

店員さんにアドバイスをお願いしたり、詳しい知人などと一緒に買いに行くのもいいですね。

スポンサーリンク

新社会人 スーツは何着くらい必要?


会社によってはオフィスカジュアルでOKな場合もありますが、毎日着用するなら3着用意したほうがいいでしょう。

仕事が営業など外回りが多いなら、4着以上あるといいですね。

毎日同じスーツを着用するとすぐ傷んでしまったり、替えのスーツがないとクリーニングに出した時など困りますよね。

3着以上あると着回しに余裕ができて、スーツを長持ちさせることができますよ。

スーツ以外も揃えましょう

スーツに合わせて男性なら、Yシャツ、ネクタイ、ベルト、女性ならブラウスなどのインナー、ストッキングも複数準備しておくといいでしょう。

雨の日用に履く靴やパンプスがあれば、なおいいですね。

同じスーツでも、中に合わせるもので変化をつけられ、印象が違って見えるものです。スーツと同様、派手にならず落ち着いた色や柄が望ましいですね。

Yシャツやブラウスなどのインナーは、シンプルな白の無地があるといいでしょう。どんな色や柄のスーツにも似合うので、持っていると便利です。

パンツやスカートの方がジャケットより傷みやすいので、2パンツスーツのようなものを選ぶのもいいですね。

女性の場合は、ストッキングの色は黒より、ナチュラルカラーを選ぶ方がいいですね。インナーは胸元が大きく開いているもの、透ける素材のものは避けるようにしましょう。

まとめ

スーツの値段の相場や必要な数など、気になることは解決できたでしょうか?

スーツ以外にも、小物など揃えるのも多くて大変と思う人も多いでしょう。

最近では、若い人向けのスーツを取り扱うお店も多く見られるようになりましたので、さほどハードルは高くないと思いますよ。

入社すれば新入社員といえど、あなたも会社の社員の1人です。

社内や社外の人に見られた時、フレッシャーズらしい爽やかな印象を持ってもらえるよう、あなたにふさわしいスーツを選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。