人気のハワイアンピアス♪ハンドメイドアクセサリーの作り方

みなさんは夏になるとどんなピアスを身につけますか?ブルーやホワイトといった涼しげなカラーを筆頭に、シェルなどの天然素材をあしらったもの多く出回りますよね!

その中でも特に人気なのが、ハワイモチーフのハワイアンピアスです!

今回はもうすぐ来る夏に向けて、ハイビスカスとターコイズを使用したこちらのハンドメイドピアスを作っていこうと思います。

スポンサーリンク

ブルー×ホワイトが夏らしくビーチや旅行にもピッタリ!

使用する材料や作り方を画像つきで紹介するので、これからハンドメイドを始めたいという方もぜひ参考にしてみてください(^^)

工 具

まずはじめに、アクセサリー作りに必要な工具類を用意します。

① 丸ヤットコ

② 平ヤットコ

丸ヤットコと平ヤットコは、金具を曲げたりパーツ同士をつないだりするのに使います。こちらの工具は100均でも購入できますし、セット売りしていることもあるので、最初に揃えておくと便利です。

パーツ・材料

次に、材料を準備しましょう!

① ピアス金具(今回は貼り付け用のピアス金具を使用します)

② ハイビスカスパーツ2個

③ ターコイズ2個

④ 丸カン2個

⑤ レジン

こちらはすべてセリアで購入しました(^^)。

ちなみにハイビスカスのパーツは、ネイル用のパーツになります。通し穴がなくても、レジンや接着剤を使って貼り付ければ、ちゃんとモチーフとして使うことができるんです。

それでは早速作っていきましょう!

スポンサーリンク

作り方

ピアスのお皿部分に、ハイビスカスを付けていきます。平らになるように、洗濯バサミで挟むとやりやすいです。

レジンを2滴たらし…

すぐにハイビスカスを乗せましょう。このピアス金具は、下のほうに通し穴があいているので、そこをよけながら貼ってくださいね。

レジンを硬化させるため、日当たりのよい場所へ移動させます。こちらのレジン液は、曇りの日でも問題なく硬化したので、窓辺においておくだけでOKです(^^)

ハンドメイドに使用する接着剤は、瞬間接着剤よりも、レジンなどのとろみのあるものをおすすめします。すぐに乾く瞬間タイプは、便利ですが耐久性があまりありません。それに比べ、ゆっくり硬化していくタイプは、時間がかかりますがその分強度に優れています。

ハイビスカスがついたら、次はターコイズを付けていきます。

まず丸カンをターコイズの穴にくぐらせます。

そのままピアス金具にあいている穴にそのまま通します。

ピアスの金具を裏から見たところです。

同じものを二つ作ったら、完成です!

こちらも参考にしてみて下さいね♪
ハンドメイドアクセサリーの作り方♪タイプ別で紹介

まとめ

いかがでしたでしょうか?100均の材料だけで、カンタンに夏ピアスが作れちゃいました!

ターコイズに小さめなハイビスカスが映えるこちらのハワイアンピアスを、みなさんもぜひ作ってみてくださいね(^^)

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。