ホテルで洗濯物を干す場所はどこがいい?ホテルで洗濯物を乾かす方法!

ホテルで洗濯物を干したいなとおもうときはありますよね。特に出張などで下着などをあまり持って行っていない場合やシャツが汚れてしまった場合、ホテルで洗濯をしたいときもあるでしょう。

しかしそんなとき、干す場所に悩んでしまう方はいらっしゃるかと思います。

私も旅行先でのホテルで白い服にシミがついてしまい、洗ったのですがどこに干して良いか悩んだ経験があります。

一晩で乾かすためには、干す場所にも注意が必要ですよね。乾いていないと次の日に困ってしまいます。

そこで今回は、ホテルで洗濯物を干すにはどこが良いのか、また一晩で洗濯物を乾かす方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

ホテルで洗濯物を干す場所はどこがベスト?

まずは、ホテルで洗濯物を干すベストな場所について見ていきましょう。

コインランドリーがあって、洗濯した後にそのまま乾燥機にかけられたら良いのですが、乾燥機がない場合も多いでしょう。

お風呂場や洗面所で洗う方は多いかと思いますが、ポールが設置されていないことも多く、下着数枚分しかかけられないということもあります。

ホテルで洗濯物を干すベストな場所は、ホテルのカーテンポールです。カーテンレールが埋め込み式であれば使えませんが、部屋に干すのが一番良く乾きます。

服は水分を含んで重くなっているので、あまりたくさんはかけられませんが、数枚であれば充分に対応できます。

浴室は湿度が高いのでおすすめできません。

ほかには壁掛け式のエアコンであれば、ホテルのエアコンの吹き出し口で洗濯物を干すというのもありでしょう。

カーテンレールにかけきれない分を干すというのも良いですし、エアコンの吹き出し口なので乾きやすいです。

スポンサーリンク

一晩で洗濯物を乾かす方法

生地が比較的薄い物であれば、一晩で洗濯物を乾かすのはさほど難しい物ではありません。ビジネスマンで出張の方などは、やはり次の日に乾いていないといけないことが多いですよね。

生乾きのまま着るのは気分が悪いですし、においも気になってしまいます。一晩で乾くようにするには、乾燥機などを使う以外にもコツがあるのです。

一晩で乾かすコツ

一晩で洗濯物を乾かすための方法としては、洗濯して固くしぼったあと、バスタオルに洗濯物を包んでくるくるとまき、足で踏みます。

すると、洗濯機で脱水したようになります。そのあとに干すと乾きやすくなるでしょう。

また、洗濯物を干すときも、できるだけ風通しをよくするだけで乾きやすくなるのです。

干すときのポイントをいくつか見ていきます。

高さや厚みを交互に変えて干す

生地が厚めの服と薄めの服、バスタオルとフェイスタオルなど、高さや厚みを交互に変えて干すだけで風通しがよくなるはずです。

この方法は普段でもやっていなかった、という方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

タオルを干すときにも、半分に折って両側を同じ長さにしてハンガーにかけるのではなく、長さを変えてかけることにより乾きが早まります。

密集させない

ハンガーと隣のハンガーの間隔を最低でも15cm以上離して干すようにしましょう。距離をあけて洋服を干すのも風通しをよくするポイントです。

靴下などペアの物も、スペースをあけて別々に干すことで早く乾くようになるでしょう。

私もよく洗濯物をたくさん部屋に干すのですが、バスタオル同士を離すように心がけています。くっつけて干してしまうと乾きが遅いですし、さらに生乾きのようなにおいも気になってきます。

量が多い場合でも、ハンガーを離して衣類がくっつかないように干してあげることが早く乾くコツです。

まとめ

今回は、ホテルで洗濯物を干すにはどこが良いのか、また一晩で洗濯物を乾かす方法についてご紹介しました。

ホテルで洗濯物を干すときには、ぜひこれらを参考にしてベストな場所で干して下さい。

また、一晩で乾くようにご紹介した方法を実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。