RMKのWトリートメントオイル 使い方・順番は?使ってみた感想♪

RMKと言えばベースメイクをすぐに思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。実はRMKには優秀なスキンケアアイテムもたくさんあるのです!

そこで今日は、RMKのスキンケアアイテムの中から「Wトリートメントオイル」のご紹介とレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

RMKの「Wトリートメントオイル」について

RMKの「Wトリートメントオイル」はスキンケアの最初に使用することで、その後に使用する化粧水や美容液などが浸透しやすくなるような導入の役割を果たしてくれます。

肌をやわらかくしてくれるオイル層と、角質層をみずみずしく満たしてくれるうるおい層の2層になっていて、油分と水分のダブルの作用で肌の乾燥を防いだり、肌のバリア機能をサポートしてくれます。

50ml 4,320円(税込)

RMKのWトリートメントオイル 成分・香りは?

保湿力の高いアルガンオイルやスクワラン、お肌のトラブルを解決に導いてくれるホホバオイル、ビタミンが豊富なローズヒップオイルなどたくさんの植物エキスが配合されています。

香りは、オレンジやネロリなどの8種類の精油をブレンドした優しいフローラルシトラスの香りです。

RMKのWトリートメントオイル 使い方・順番

洗顔後、タオルで肌の水分を軽くふき取って、上下によく振ったオイルを5、6滴くらい手のひらにとり、優しくマッサージするように顔全体に広げます。

その後、手のひら全体で顔をハンドプレスします。そのあとはいつも通りのスキンケアをしてください。

わたしはお風呂上りや、洗顔後には肌の水分が逃げていかないように、なるべく素早くこのオイルをつけるように心がけています。とりあえずこれを付けておくと安心です。

スポンサーリンク

RMKのWトリートメントオイルを実際に使ってみた感想

Wトリートメントオイルを使うときと使わないときではその後に使う化粧水の浸透が全く違います。

「Wトリートメントオイル」をつけてやわらかくなった肌に化粧水をつけると、すーっと化粧水が吸い込まれていく感覚になるくらい浸透がよくなりました。

手のひらに肌がくっついてくるようなもちっとしたお肌になります。オイルって水をはじくイメージなのに、浸透力が高くなるのは不思議ですよね。

こちらのオイル自体にも保湿効果がありますが、この後に使ういつものスキンケアアイテムの保湿効果も高めてくれるところもお気に入りです。

今まで使ってきたオイル系のスキンケアアイテムは、夜使う分には保湿力が高くて良いけれど、朝のメイク前に使うとベタベタになってしまいファンデーションが崩れやすくなる印象でした。

でもこちらのオイルは、ベタベタしすぎていないさらっとしたオイルなので、朝のメイク前に使ってもファンデーションが崩れやすくなることはありませんでした。

わたしは以前オイル系のスキンケアアイテムを使用したときに、小さな吹き出物のようなぷつぷつができてしまいました。なので今回のオイルもぷつぷつができないか心配でしたが全くできませんでした。

ブースターとしてでなく、いつも使っているファンデーションに2、3滴程混ぜて使うと、自然なツヤ肌っぽく仕上がるのでとても好きです。

一度に使用する量は数滴ずつなので、なかなかなくならなくてコスパは良いと思います。

「Wトリートメントオイル」は使用感だけでなく、香りもすごく良い香りです。ポカリスエットの香りがします!!ポカリスエットみたいな優しい柑橘の香りがふわっとして癒されます。

楽天でも購入できます。
>RMKのWトリートメントオイル 50ml

まとめ

RMKの「Wトリートメントオイル」はオイルなのにベタベタしすぎないオイルで肌を保湿してくれます。

いつものスキンケアの最初にプラスするだけで理想のお肌に近づけてくれるのでおすすめです!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。