なぜこんなに人気者!?イプサのザ・タイムR アクアを使ってみた!

少し夜更かしをしても、メイクを落とさず寝ちゃっても、全く問題なかった20代前半。
「お肌の曲がり角」なんて言葉も他人事。

そんなわたしも今やその「曲がり角」に立っているアラサーです。

日々、SNSやYouTubeでコスメやスキンケア用品を探しまくっているわたしが、今日は、毎日お仕事や家事、育児を頑張っている同じ「曲がり角」に立つみなさんに、おたすけアイテムを紹介したいと思います。

その名もイプサの「ザ・タイムR アクア」です!!!

スポンサーリンク

「ザ・タイムR アクア」とは?


イプサというコスメ・スキンケアブランドが出している医薬部外品の化粧水で、イプサの中でも人気商品のひとつです。

200ml 4,320円(税込)

デパコスのスキンケア商品にしてはお買い求めやすいお値段かなと思います。他にはないスタイリッシュなボトルも特徴のひとつです。

含み水…水分を抱え込む
結び水…肌の水と結びついて一体化
働き水…たっぷり、じっくり水分を届ける

この3つの水でわたしたちの肌に絶え間なくうるおいを与えてくれます。

また、肝斑を改善すると言われている有効成分、トラネキサム酸や、炎症を抑え肌荒れに効果を発揮するグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。

わたしたちアラサー世代のゆるぎやすいお肌もしっかり整えてくれます。アルコールフリー・オイルフリーなのも魅力のひとつだと思います。

香りとテクスチャー

「ザ・タイムR アクア」は無色透明でとろみがなく水っぽいテクスチャーです。いわゆるシャバシャバ系ですね。

最初に手に出してみたときは、わたしの事前の下調べでは保湿力の高い化粧品のはずなのに、こんなにシャバシャバで本当に大丈夫かな?と思ったくらいです。

香りはありません。

わたしは化粧水などのスキンケアはアルビオンのスキコンのような「THE化粧品」っていう感じの香りが結構好きで、スキンケアしながら、その香りにも癒されます。

この「ザ・タイムR アクア」はほとんど香りがしないので、その点では少し物足りないかなと感じます。

でも、そのあとのスキンケアに全く影響しないので香りがなくても問題なしです。

スポンサーリンク

ザ・タイムR アクア 使い方

「ザ・タイムR アクア」の一本当たりの使用目安は約1ヶ月。

500円玉より少し大きいくらいの量を洗顔後の肌になじませます。

イプサのカウンターではコットンでの使用をおすすめされました。

わたしは基本的には、おすすめされたとおりコットンでやさしくパッティングしていますが、朝など時間がない時は手で直接つけています。手で少し温めてから使うとコットンを使わなくても十分浸透します。

実際に使ってみたレビュー

実際に使ってみて、まず、保湿力が高い!!

とろみがないシャバシャバ系の化粧水なのに肌がしっとりします。

保湿力が高いのにベタつきが気にならない

わたしの中で、シャバシャバ系の化粧水は何度か重ね付けをしないと浸透しないとうイメージがありました。でもこの「ザ・タイムR アクア」は重ね付けをしなくてもある程度、肌がうるおっているように感じました。
ただ、肌にのせるとすぐにしみこんでいくという感じではなく、どちらかというとゆっくりしみこんでいく感じなので、肌にのせたら両手でしっかり肌に入れてあげる必要があります。

保湿系の高い化粧水の中にはメイク前に使うにはベタつきが気になるものもありますが、この化粧水は朝のメイク前に使ってもベタつきが気にならないし、むしろ化粧ノリがアップした気がします。

透明感がでてきた

他にも、水分量が増えたからなのか肌に透明感がでました!!

嬉しいことに職場の同僚や友人に「肌きれいになった!」という言葉をもらうことが最近増えました。

お肌を褒められるって嬉しいですよね♪

吹き出物が減ってきた

あとは、秋くらいからおでこや前髪の生え際にできていた小さい吹き出物がだんだん減ってきました。

若いころにできていたニキビとは違った小さな吹き出物がおでこにできていて、なるべく触らないようにしたり、家にいるときは前髪をあげたりしていたのになかなか治らず悩んでいました。

でも、「ザ・タイムR アクア」を使っていくうちに確実に減ってきているんです。

嬉しい。
嬉しすぎる。

肌荒れに効果がある成分が入っているのも頷けます!

check>イプサのザ・タイムR アクアを楽天でみてみる

まとめ

イプサの「ザ・タイムR アクア」はベタつかずにうるおいを与えてくれます。わたしも実際に使ってみてその効果にこんなに人気があるのも納得できました。

使用する人の肌質をあまり選ばないタイプの化粧水なので、「次はどの化粧水を使おうかな」と迷っている方は一度試してみてはいかかでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。