ミシャ Mクッションファンデプロカバーの口コミ♪毛穴もカバー力!

クッションファンデで有名な韓国のコスメブランド MISSHA(ミシャ)。ミシャのクッションファンデに新しい商品 M クッションファンデーション(プロカバー)が出たのはご存知ですか?

時短アイテムと思いきや、毛穴もカバーでき仕上がりも大満足!本日はMクッションファンデ プロカバーのご紹介とレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

MISSHA(ミシャ) M クッションファンデーション プロカバー とは?


クッションファンデーションと言えば「ミシャ」と言っても過言ではないほどクッションファンデーションで有名なミシャから昨年夏に発売された、M クッションファンデーション(プロカバー)。

15g 1,620円(税込)
SPF50 PA+++

カラーは№21明るい肌色、№23自然な肌色の2色展開。

化粧下地+ファンデーション+日焼け止め+エイジングケアの役割をしてくれる大人のためのクッションファンデーションです。

メイク中の乾燥を防ぐ植物エキスと、ハリ感のある仕上がりを実現する保湿成分を配合し、メイクをしながらエイジングケアを同時に叶えてくれます。

ミシャ Mクッションファンデ プロカバー 使い方

適量を付属のクッションファンデーション用の薄いパフにとり、顔全体に軽く叩き込むようにつけてください。

シミやニキビ跡などが気になる部分には、パフにファンデーションを少量とり重ねづけします。目の際や小鼻などの細かい部分は、パフを折ったりしてパフの角度を変えながらつけていきます。

これはクッションファンデーション全般に言えることかもしれませんが、厚く塗りすぎると結構な厚塗り感がでます。

最初は量の調節が難しいかもしれませんが、少量ずつ付属のパフで叩き込むようにつけることでこのクッションファンデーションの自然なカバー力やセミマットな質感などいいところが生きてくると思いますので、なるべく薄くつけることをおすすめします!

スポンサーリンク

ミシャ Mクッションファンデ プロカバー 使ってみた感想

毎朝、スキンケアをしたあと日焼け止めを塗って、化粧下地を塗ってファンデーションを塗るという工程が面倒で、ネットの口コミで評価が良かったこちらの商品を購入したのが使い始めたきっかけです。

以前にも、ミシャの別のクッションファンデーションを使ったことはありましたが、最近は下地とリキッドファンデーションをそれぞれ別に使用していたので、こちらのクッションファンデを使うまでは、「多少仕上がりが良くなくても時短になればいいかな」というくらいの感じでした。

しかし、使ってみてあまりの仕上がりのきれいさにびっくりしました!!

カバー力が抜群!

まず、気になっていたニキビ跡や頬の赤み、毛穴もほとんど気にならないほどのカバー力でした。

いつもはリキッドファンデーションの後にコンシーラーを重ねて気になる部分をカバーしていたのですが、コンシーラーでカバーする必要がなくなりました。カバー力は抜群です!!

化粧崩れしにくい

崩れにくさについては、頬の部分は一日中ほぼ崩れません。Tゾーンは朝使用して、お昼くらいにはテカってくるので少しお直ししています。今のところ、毛穴落ちしたり、よれたり、汚い崩れ方はしないので崩れにくい方だと思います。

ミシャ プロカバー モイスチャーとプロカバー比較

ミシャの白いコンパクト「M クッションファンデーション(モイスチャー)」は以前使ったことがあるのですが、ツヤ肌に仕上がるモイスチャーの方と比較すると、セミマットな仕上がりになります。

セミマットに仕上がる分、少し乾燥はしますが、許容範囲でした。カバー力はプロカバーの方が高いかなと感じました。どちらも優秀ですが、わたしはカバー力の高いプロカバーの方が好きです。

もともとは普段の仕事の日だけ、時短のために使おう!と考えて購入しましたが、今では仕上がりが気に入って休日のお出かけのときもこちらの商品を使用しています。

時短コスメであることや、仕上がりの良さはもちろん、デパートの化粧品売り場だけでなく、ドラッグストアなどでも簡単に手に入るのもこのクッションファンデーションが人気の理由のひとつかなと思いました。

楽天でも購入できます
↓ ↓
>【ミシャ】 M クッションファンデ プロカバー [MISSHA]

まとめ

ミシャのM クッションファンデーション(プロカバー)このお値段で時短でカバー力もありエイジングケアまでしてくれる優秀なアイテムです!!

クッションファンデーションは若い人向けかなと考えている大人の女性にも自信を持っておすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。