あずきバーと雪見だいふくで作ったクリーム白玉ぜんざいがオイシイ!

あずきバーと雪見だいふくでカンタンに作れる「クリーム白玉ぜんざい」が話題になっていますね。テレビの番組でマツコさんが「オイシイ!」と絶賛していたのを見て、食べてみた~い!と思い作ってみました!

スポンサーリンク

あずきバーと雪見だいふくのぜんざい(おしるこ)

材料と作り方は・・

材料(1人分)
・井村屋あずきバー2本
・雪見だいふく

作り方

耐熱容器にあずきバーを2本入れて、500Wで2分30秒チン!あずきバーが溶けたところに雪見だいふくを入れて出来上がり!

あっという間に超簡単に出来ちゃいます。(チンの時間は機種によります。)

ファミリーパックのあずきバーと雪見だいふくを用意。雪見だいふくは、通常の大きさとファミリーパックの小さいサイズで試したかったので両方買ってきました^^。

あずきバーは2本でちょうどいい量が出来ます。使った容器はパソコン買ったときに粗品でもらった電子レンジ対応のお椀です。

あずきバーの棒は付けたままでレンチンしました。ホントにぜんざいになるのかワクワクです。

レンチン後、見事に溶けてちゃんとぜんざいに!ちょっと感動(笑)。棒は熱くなってないので手で取り除けました。

いよいよ雪見だいふくの登場で~す。どちらがイイか両方入れてみます。

アイスを入れるとぜんざいがちょっとぬるくなると思ったので、少し前から雪見だいふくを冷凍庫から出しておきました。

大きい雪見だいふくはド~ンと1つ。小さいのは2つコロンと入れました。

スポンサーリンク

おいしそうですねー。さっそくいただきます!

食べた感想は?

雪見だいふくのお餅の部分がトロ~リ、中のアイスが冷たくてまろやかな甘さが溶け合っておいしい!

あずきバーって、ぜんざいをそのままアイスにしてあるそうなので、溶かしたらそのままぜんざいになるんですねー。

雪見だいふくは、大きい方より小さい方が中のアイスが程よく溶けて、ぜんざいと一緒に食べるのにちょうどイイ大きさでよかったです^^。

東海地方の方にはおなじみの「スガキヤ」のクリームぜんざいっぽいです^^。
↓ ↓コチラ


引用:http://www.sugakico.co.jp/

なんと井村屋の公式サイトでもあずきバーの「ぜんざい」を紹介していました。

その他にも、ビックリなレシピもありました。
↓ ↓ ↓
http://imuraya-cp.jp/2016_azukibar_recipe/

そういえば、かた~いあずきバーをかき氷にする商品もありましたよね。かき氷にしたあずきバーはいろいろ応用できそうですね~。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おかしなかき氷 井村屋 あずきバー
価格:3024円(税込、送料別) (2018/1/15時点)

まとめ

思いたったら気軽にチンするだけで出来るので、冬の定番のお楽しみになりそうです。

自分でもオリジナルのレシピを考えてみたくなりますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。